MF STYLE in uk

09夏、ロンドンに引っ越しました。最近はロンドンの学校事情、自分の通う語学学校、そして、異国ロンドンで受けたカルチャーショックを好評公開中です〜「ふ〜ん」とか「そうそう」…とか言って読んで頂ければ幸いです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * -
オランダ・チューリップ満開です〜
JUGEMテーマ:旅行



世紀のロイヤルウェディングを含め、

土日とバンクホリデーでロンドンは4連休でした。

先日まで2週間+2日ほど学校が休みだったにもかかわらず、

また4日も学校が休み

いつ勉強するねん!



と言うことで、ロイヤルウェディングの次の日から

オランダに2泊3日で旅行に行ってきました〜





先ずはチューリップのテーマパーク?

キューヘンホフへ…





空港からは市バスで30分ほど

到着すると、もの凄い人にやや驚き!





例年この辺りがチューリップの見頃のようです。

今年はヨーロッパ全域で温かい春だったので心配していたのですが、

公園内では満開のチューリップを見ることが出来ました!




たくさんの変わった種類のチューリップを堪能





morty家は、草食系(長男&mortyは植物好き)

肉食系(キュウリン&ダー)の2人種がいるのですが、

肉食系の二人は、しばらくすると

顔に

「チューリップ見た・飽きた」

という文字が浮き出てきます(笑)


そんな二人はとっても仲良し!





アイス&ホットドックを見つけ、ビールを見つけ…



チューリップを見終え、

アムステルダム市内まで電車で移動

すると、電車の中にオレンジ色の集団が…

あれ?サッカーの試合かな〜?





アムスの駅前です。

東京駅はこの駅舎をマネして建てたそうです。





ホテルまでの道すがら…

オレンジの小物を売る露天

あ〜そうか〜思い出した〜

4月30日はオランダのQueen's Birthdayだったのでした。





それにしても、女王のお誕生日なのに、

何故にお祭り騒ぎ?!しかもサンバ!!!





旧郵便局、今はショッピングモールだそう…

素敵な建物だけど、なんかそれどころじゃない〜!





ホテルに荷物を置いて、さ〜っと美術館に行くつもりが、

トラムは止まっているし、身の危険を感じるぐらいの若者の集団で〜〜〜

40分ぐらいかかって歩いて国立美術館へ…





ここで、お目当てのフェルメールの絵を見ることが出来ました。

他にもたくさん素敵な絵があり、堪能できた美術館でした。





帰りももの凄い人混みを抜けてなんとかホテルへ…

アムステルダム、クイーンズデイは郊外散策した方が賢明でした!



ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ヨーロッパ・アフリカ旅行 * 17:37 * comments(0) * trackbacks(0)
Royal Wedding☆号外ゲット!
JUGEMテーマ:日記・一般






先ほど夕飯の買い物に出かけたら駅前で早くも号外が配られてました!


往復で2部ゲット(笑)

両方の実家にお土産です(爆)



そして、イングランド国旗のPOMMERYがパートリッジズ前で売られていて

思わずゲット!

なんだか今日は1日盛り上がってしまいました〜








ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ukダイアリー * 17:27 * comments(2) * trackbacks(0)
Royal Wedding Parade in Mall
JUGEMテーマ:グルメ



見てきましたよ〜ロイヤルウェディング世紀の瞬間!!

トラファルガー広場は超満員!

大きな電光掲示板にセレモニーの様子が映し出されていました。





結婚式はウェストミンスターアビーで11時から





そしてパレードは12時15分から〜

遠目でしたが、ベールを付けたウェディング姿のケイトさんを見ることが出来ました!!

残念ながら写真はボケボケ

でも、何となくわかるでしょ(笑)





トラファルガーのお土産物やさん





式の途中はとても緊張していたケイトさんですが、

ウェストミンスターアビーを出たところではとても素敵な笑顔が

綺麗ですね〜





トラファルガー広場からピカデリーへ





こちらはウェディング記念切手とコインです〜〜





世紀の瞬間を肉眼で見ることができ、とても感動しました!!



本日は我が両親の結婚記念日でもあるのです!


おめでとうございます〜<3<3


ロンドンでは200カ所以上の会場でパーティーが開かれるとか…

HOTなロンドンです!

ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ukダイアリー * 14:21 * comments(0) * trackbacks(0)
灯台もと暗しの激うま台湾薬膳料理のお店
JUGEMテーマ:グルメ




少し前の事ですが、久々に会う友人と

友人の旦那さんお薦めのお店に行ってきました。

台湾薬膳料理ということのよう…


これがね〜驚くほど美味しかったのですよ!

何で今まで知らなかったの〜ってかんじのお店です。

HUNAN



今までこのお店、聞いたことなかったのですがね…

ロンドンでこんなに本格台湾料理が食べられるなんて〜〜〜



2人で行ったので、お皿に2人分のポーションがもられてきます。

その数…





実は、その見た目からモツ系のお肉は食べたことがなかったのですが、

他のものが余りに美味しく、つられて頂いてしまいました。

唐辛子の辛みも本場そのもの…

イギリス人は唐辛子が苦手な人が多いようで、

ロンドンの中華はだいたい辛くないのですが、

ここは結構辛くて美味しいです。



そして、その量はイギリスポーション!

大満足!!

その後、夕食、朝食、食べられませんでした(笑)





リピート確実です!


このお店でお食事した後、「ブログ再開するぞ〜!」

という気持ちがメキメキ湧いてきたのでした。

やはり、食は元気の源ですね!


ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ukアジアン * 07:32 * comments(0) * trackbacks(0)
Wales☆Erdding邸
JUGEMテーマ:旅行


今日は最終日…

ロンドンまでの中間地点、バーミンガム辺りで休憩しようかと思っていたのですが、

折角ならばウェールズにある邸宅を訪問したいな〜と言うことで、

ナショナルトラストの本から選択…




ウェールズとイングランドの境にある「Erdding」というお宅を訪問しました。

駐車場で遭遇!





かっこいい!





入り口では子供達向けのイースターのイベントが…

卵のチョコと小さなひよこを入れるバッグを作っていました。

流石にうちの子らは近づかなくなった(笑)





先ずはお庭を散策

ここのお庭はシンメトリーに作られている手入れ系「イングリッシュガーデン」





18世紀初期のフォーマルガーデンが残されていて、

大きなウォールガーデンやヴィクトリア朝様式の花壇が見られます。





裏に回ると…綺麗なエントランス






このアイビー、ナショナルコレクションに指定されているそうですよ。

ナショナルコレクションって、なんなんでしょう…?






そして正面に広がるこの景色〜





日陰にはブルーベルも咲いていましたよ。





そして、建物の中へ…

このお宅は

1687年に建築家のトーマス・ウェップによって作られ、

大法官庁のマスター、ジョン・メラーに売却された後増築され、

彼の甥サイモン・ヨーク1世に引き継がれ

その後、長い間ヨーク家の邸宅として使われていたそう。


18世紀から19世紀にかけてのカントリーハウスのライフスタイルが

感じられる当時のまま、たくさんの生活用品や調度品が保存されています。






1階は使用人スペースで、2階以上は家主のスペースです。





ヴィクトリアンの調度品がたくさんで、見応えがありました。

ダイニングであったボランティアさん、

珍しく若いお姉さんでした。

だいたい何処のマナーハウスでも英国紳士淑女という感じの

ご高齢のボランティアさんが多いのですがね。





自宅にチャペル

そして、建物の階段や壁はオーク材?何気にゴージャスで驚かされます。






2泊3日、あっと言う間でしたが、

北ウェールズ旅行満喫してきました。

一路、車を飛ばしてロンドンへ〜!


長かった2週間のイースターホリデーも明日で終わり!!

はよ、学校にいってくれ〜



ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


 

* uk小旅行 * 07:11 * comments(0) * trackbacks(0)
Wales☆Conwy Castle☆コンウィー城
JUGEMテーマ:旅行




昨日とはうって変わっての晴天です。

空気は冷たいので、体感は少しヒンヤリする感じ





正面奥に見えるのがコンウィー城です。

今までいろいろ城壁は登りましたが、

ここの城壁は高い!





ノボルノボル





眺めもドンドン良くなっていきます。

しかも、貸し切り!





2方向に海が見えます。





石でできた橋の向こうにも海が…






海岸の方にやってくると、徐々に低くなっていきます。





海岸沿いの城壁はどうやら壊れてしまったそうです。





一端地上に降り立ちます。


この建物、面白い形をしているな〜と思って、写真を撮ったのですが、

あとでガイドブックを見ると、中世の邸宅

アバーコンウィー・ハウス

1階はナショナルトラストのお土産物やさんになっています。

そう言えば、昨日入ったな〜





そして、コンウィーにもギネスがありました!

Smallest House





高さ3m、横幅1.8mという極小のお家です。

ギネスブックに載っているそうです。





海沿いを歩いて〜









コンウィー城に到着です。





入場の時に、子供達はクイズのラリーをもらいました〜





8本の塔が残っていて、一番上まで登ることが出来ます。

眺め最高!





このコンウィー城は

イングランド王のエドワード1世がウェールズ征服の軍事拠点として建てた城塞

なんだそう。

1283年に着工し、4年半で建てられたそう。






イギリスの城塞のなかでも最も保存状態が良いと言うだけあり、

塔の上まで続く階段も、当時の面影を残します。







そんなお城にウェールズの国旗が揚がっています。





本当に気持ちの良い天気で、

高い塔に登り、

イングランド王になった気分!





コンウィー観光を終え、車で移動

次はウェールズの邸宅訪問です。






ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* uk小旅行 * 08:29 * comments(0) * trackbacks(0)
Wales☆中世の街 Conwyへ☆ギネスブック編

JUGEMテーマ:旅行



スノードン鉄道を後にして、向かった先は

LLANFAIRPWLLGWYNGYLLGOGERCHWYRNDROBWLLLLANTYSILIOGOGOGOCH駅

そう、世界で一番長い駅名の駅です!!

 


Holyheadに行く途中にあったので寄ってみましたが、

結構大きなショッピング街となっていて、

観光客もたくさんで賑わっていました。





そして、これがAnglesey島にある岬

Holyhead


もっとなんかあると思って行ってみたのですが、

な〜んにもなかった(笑)






最終目的地のConwyへ車を走らせました。

小さな街でしたが、観光客がたくさんいて、

賑わっていました。

それにしても、イースター中と言うことで、

半分ぐらいお店が閉まっていて、

欲のない観光地でした(笑)






右下の指輪はClogau Gold社というブランドなんだそうですが、

代々王室の結婚指輪を作っているんだそうです。


ウェールズの会社で、セント・デービッド鉱山から採掘されたゴールドで作るとか…

ウィリアム王子とケイトさんの結婚指輪もこの会社のものとなるようですよ〜





ここConwyには1283年に建てられたConwy城が残っています。

イギリスの城塞のなかでも最も保存状態がよいそう…

明日のお楽しみです。



夕ご飯もワインもたっぷり頂きました。

疲れてバタンQ〜



ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* uk小旅行 * 16:23 * comments(2) * trackbacks(0)
Wales☆Snowdon Railway☆スノードン鉄道
JUGEMテーマ:旅行




朝7時前に着替えをすませた子供達がいきなり登場!

「どうしたの?」


「長男!時間間違えた!」

ぎゃふん!



と言うことで、朝食前に近くのお城を見に行くことに…





Criccieth Castle





ウェールズの海岸沿いにはこのような廃墟がたくさん残っています。


これがウェールズの国旗です。

ユナイテッドキングダム(UK)は

イングランドとスコットランドとウェールズと北アイルランドの

4つの地域が集まった国です。





昔々には一つ一つ国として存在していたそうです。

イングランドとは長い戦争があり、

侵略されて、城を築かれたという歴史があります。






ホテルに戻ってホテルのガーデンを散策

昨日の夕食を消化せねば!










ウェールズの朝食にはキッパーやハドック(タラ)などがチョイスできました。





しっかり朝食を頂いて、ホテルを出発





途中はスノードニア国立公園を通っていきます。






緑の芝と、幅の変化する川、高い山





所々に車を止めることが出来るPがあり、停車…

ぼーっと眺めてしまう景色です。













おや?子羊?






かわいい!





少しずつ高台に登っていくと





こんな素晴らしい景色に…





もっと進んでいくと山肌に岩がゴロゴロ






今日の目的地はSnowdon Railway☆スノードン鉄道





ウェールズ最高峰のスノードン山(1085m)山頂へ登ることが出来る鉄道です。





この時期は30分ごとに列車が出ているようです。

(予約制)





運が良ければ蒸気機関車

でも、mortyの乗った列車は残念でした。





一両編成列車の旅出発です!





生憎の天気で、登り始めると徐々に霞んできました。

この列車はアプト方式という線路の間に歯車のようなものがついていて、

その力で山頂まで登っていきます。





途中の駅で2度ほど下りの列車と離合します。





ここまで、外は雲で覆われていたのですが、

山頂に到着直前に雲の上に出たようです。





地獄風呂みたいですね〜





そして、山頂登頂!

下から2時間かけて登山している人が大半でした。





保存鉄道の旅でした。



午後からは、

北ウェールズの中世の町、Conwyへ〜

つづく!




ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* uk小旅行 * 17:14 * comments(0) * trackbacks(0)
North Wales☆北ウェールズへの旅・先ずは世界遺産編
JUGEMテーマ:旅行


イースターホリデー2週間ももうすぐ終わりですが、

2泊3日北ウェールズへ旅行に行ってきました。


ロンドンからはダイレクトに行くと車で4〜5時間ぐらい掛かるので、

途中の休憩地点として

世界遺産でもある

Ironbridgeアイアンブリッジに行きました。


Shrewsburyに近いIronBridge渓谷

橋の周りにはレストランやホテル、駐車場などが並び、

かわいらしい観光の町でした。





Ironbridge

セヴァーン川に1779年産業革命の時代にかけられた世界初の鉄橋で、

鉄の素材を生かした建築技術がなかったため、

木造橋の手法(アーチ型)で造られたそうです。





今見ると、レトロモダンな雰囲気を醸し出しています。





お天気も良く、まったり〜

川の袂の小道にわが子ら2人!





橋の近くのカフェで、

ロンドンにしては珍しく美味しいサンドウィッチを頂き、

さ〜ウェールズに出発です!






ウェールズに到着!

とっても早い感じですが、もう午後3時頃?

Conwyにあるナショナルトラスト

Bodnant Garden ボドナント・ガーデンに寄りました。





チューリップが満開でした。


このガーデンは50m続くキングサリが有名なのですが、

花の見頃は5・6月だそうで、まだ青いアーチでした。残念!





満開時にはこんな感じみたい!





邸宅の横には藤の花が満開でした。





お庭から見たお屋敷

ビューティフォ〜




ここ、お宅には入れず、お庭散策へ…

お庭というか、ミニハイキングコースというか…

とにかく広い!





サツキや椿が満開で、

日本の山を歩いている錯覚に。





自分のブログに載せる用の写真を撮るのがマイブームの子供達





ブルーベルも咲いていましたよ〜

イギリス人にとっては珍しくないのか、

結構みんな素通り(笑)





たっぷり30分ぐらいのお散歩コース

お屋敷の初代頭首はビクトリア時代の化学者で

石鹸の元となるロジンを発明したHenry Davis Pochin

そして、ヘンリーのお嬢さんがAberconwaysに嫁ぎ、

以来このボドナントはAberconway家によって造り上げられたそう。





とても綺麗なお庭で、うっとりの午後を過ごすことが出来ました。

さて、今日の宿泊地はスノードニア国立公園西の海岸沿いのホテルです。

ここからまだ1時間〜遠い!





とても素敵な木造建築





ですが、経費節減で安い部屋を予約したので、屋根裏部屋(@@);

シャワーもトイレも微妙な感じ!

と言うことで、寝る以外は外で過ごすことに…





かんぱーい!


この日はお天気も良く、morty絶好調でIronbridgeまで3時間を運転〜


この一時を待ってたよ〜でもね、

これがね〜今思うと、このビール腐ってたよ〜(T_T)

かなり酸っぱかったのだけど、イギリスのビール酸っぱいことも多いので…

でも、あれはないな〜

田舎のホテルのドラフトには要注意(爆)

もちろん、そんなビールを乾杯し;

トランプなんかしながら夕食時間までまったり〜





この旅行のために、密かにダイエットをしていたmorty





がっつり3コース頂きました〜!





見た目は美味しそうだけど、お肉堅かった〜(笑)





イギリスのホテルはエントランス近くのリビングルームがとても素敵

ここで、大富豪をして盛り上がる!





ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* uk小旅行 * 08:24 * comments(0) * trackbacks(0)
Hampsteadのお料理教室Part1
JUGEMテーマ:グルメ



1ヶ月以上前のことですが、

お友達の紹介で、Hampsteadにあるお料理教室に行ってきました。



ハイストリートを抜けたお宅はモダンでスタイリッシュ!

フレンチのお料理教室ですが、ブリティッシュっぽいインテリアが素敵でした。






今日は大好きな春ラムとフォアグラを使った贅沢なお料理…


大好物〜





エシャロットのパイを焼いて、フォアグラをソテー





美味しいを知り尽くしたメニューに衝撃!

そして、次から次へとお料理のアイディアを教えて下さり、

サービス精神満点の先生!

アレンジに次ぐアレンジ…

先生の頭の中はお料理の持ちネタでいっぱいなのがわかります。





先ずは前菜のフォアグラのパイを仕上げて頂きました。

ワインは持ち込みで、前もってみんなで相談…

フォアグラに合う甘口、ドイツのリースリングにしました。





シンプルなお皿に絵を描いていくような盛りつけです。





そして、メインコースは子羊のロースト





絶妙な焼き加減でした。さすが!

ジューシーで美味しかったです。

ジャガイモのグラタンとブロッコリーを添えて。

ワインはスパイシーなシャトー・ヌフドパプを合わせました。





そして、私がリクエストしていた大好物の「ババ・オ・ラム」

作り方が分かったので、自分でも作ってみたいです。





みんなワイン好きの食いしん坊で、とても楽しいランチタイムでした。

ご一緒して下さったみなさまありがとうございました〜



ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ukお稽古 * 06:55 * comments(1) * trackbacks(0)
<<2/106 pages>>
My Sweet Diary

美食・通塾・きれい製作〜
美しき生活を心がけ
日々を楽しく過ごせたら…

お気に召した記事がござい
ましたらぜひ1日1クリック
をお願い申し上げます.
人気記事
categories
links


ブログランキング・にほんブログ村へ
selected entries
archives
recent trackback
recent comment
訪問中
gremz
Visited Countries
profile
qrcode
recommend