MF STYLE in uk

09夏、ロンドンに引っ越しました。最近はロンドンの学校事情、自分の通う語学学校、そして、異国ロンドンで受けたカルチャーショックを好評公開中です〜「ふ〜ん」とか「そうそう」…とか言って読んで頂ければ幸いです。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< かげえサークル「つくしんぼう」 * main * 麻婆焼きそば >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * -
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2008
JUGEMテーマ:音楽


本日、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2008のチケット先行発売がありました。

昨年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2007も大変盛り上がりましたが!
今年2008年のテーマは「シューベルトとウィーン」です。

先行発売はこちらから。先ずは会員登録を…


さて、今年チケットを取ったコンサートは

<562>
仲道郁代(ピアノ)
シューベルト:即興曲変ホ長調 作品90-2 D899-2
シューベルト:即興曲変ロ長調 作品142-3 D935-2
シューベルト:ピアノ・ソナタ第13番イ長調 作品120 D664



<526>
樫本大進(バイオリン)
フランク・ブラレイ(ピアノ)
シューベルト:バイオリン・ソナタ第1番ニ長調 作品137 D384
シューベルト:バイオリン・ソナタ第2番イ短調 作品137 D385
シューベルト:バイオリン・ソナタ第3番ト短調 作品137 D408


昨年は樫本大進さんの目映いばかりの王子様ぶりを見て、今年も是非と!彼のチケットを取りました。
あれからCDを良く聞くようになりました。
今年はどっぷりバイオリンソロを楽しみたいと思い、こちらを選んでみました。

2つのコンサート、間が約半日空いていますが、会場内を散策したり、銀座の町を散策したりやることがたくさんあるので、この時間を選んでみました。

このコンサート、5000人収容のAホールから、こじんまりしたホールまで色々あります。
お勧めは相田みつ美術館でのコンサートでしょうか。
かぶりつきで演奏を見ることが出来るのです。
照明も一体で、臨場感満点です。

特設会場でのコンサートも年々規模が大きくなっています。
昨年度もジプシーミュージックで盛り上がりました。
観客のお姉さん方がミュージシャンに挑発されて踊り出していました!

そして夕食は是非会場前のデリバリーカー屋台で!
多国籍料理が味わえます。

* Music/Book * 17:21 * comments(0) * trackbacks(2)
スポンサーサイト
* - * 17:21 * - * -
comment area
comment









trackback url
http://mfstyle.jugem.jp/trackback/368
trackback
シューベルト後期作品の解釈
内田の弾く、この不気味なまでに傷つきやすい魂は、この2曲の真の姿である。
* クラシック音楽ぶった斬り * 2008/02/24 4:17 AM *
セルのシューベルト
最盛期のセルの音楽をよく表した好演である。
* クラシック音楽ぶった斬り * 2008/03/04 9:03 PM *
My Sweet Diary

美食・通塾・きれい製作〜
美しき生活を心がけ
日々を楽しく過ごせたら…

お気に召した記事がござい
ましたらぜひ1日1クリック
をお願い申し上げます.
人気記事
categories
links


ブログランキング・にほんブログ村へ
selected entries
archives
recent trackback
recent comment
訪問中
gremz
Visited Countries
profile
qrcode
recommend