MF STYLE in uk

09夏、ロンドンに引っ越しました。最近はロンドンの学校事情、自分の通う語学学校、そして、異国ロンドンで受けたカルチャーショックを好評公開中です〜「ふ〜ん」とか「そうそう」…とか言って読んで頂ければ幸いです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< クラシック&ロック★コンサート2件 * main * POLO観戦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * -
父逝去
JUGEMテーマ:日記・一般





2月末に体調不良で病院にかかった父が、

急性白血病と診断されて、血液内科で有名な市民病院に即日入院しました。



入院直後に抗がん剤を点滴するも、肺炎になってしまい、

担当医からは寛解はないと言い渡されたそう。





状況分からず不安な日々

3月中旬に一時帰国をしました。

その時点で、母が心身共に疲れていて滞在中ダウン。




最近の癌治療は、本人にも付き添いにも告知が当たり前で、

毎日悪い血液数値と病状の説明を聞かされ、

ほとほと疲れてしまったという感じでした。




病室に向かう廊下で、担当の先生を見つけたので、

追いかけて挨拶をすると

「2ヶ月持つかと言われると厳しいです。」

とのことでした。



「お医者さんは最悪を語るから」っと父と家族と自分を励まし、

姉弟と連絡をとりつつの日々でした。


その後、姉が病室でSkypeが出来るようにWifiとPCを設置してくれました。

電話で話すよりも、様態が分かるようになったものの、

やはり病状は後退する一方でした。




5月上旬に再度帰国

前回よりも明らかに痩せてグッタリしている父を見ると胸が詰まりました。

この少し前から、父本人も治らないことを自覚し、

精神的に不安定になってきていました。

一週間の滞在後、次回の帰国予定を決めずに帰ってきたことをやや後悔しました。




5月下旬、

母から肺炎を併発したとの連絡が入りました。

2日前に病室とskypeで話したときには元気そうだったのに…




父の病状が気になり、朝5時半ぐらいにメールを開くと

母から父危篤のメールが入っていました。

「mortyはもう帰ってこなくて良いよ。」と書いてあったのだけれど、

気持ちは帰国。



BAのサイトを見ると、

1:30の便に空席があり、帰国することにしました。

前日の悪天候の影響でヒースロー発が2時間遅れ

成田について姉や母と連絡を取ると、かなり厳しい状況なのがわかりました。

トランクを抱えたまま病院へ

mortyが病室に着いたとき、父が丁度吸引で眠りから覚めていました。

父と目で会話することが出来ました。



その夜は母、姉、弟と4人で病室に泊まりました。

次の日、義兄、義妹がそれぞれ子供を連れ病院に到着、

みんな揃ったところで、父は息を引き取りました。







享年71歳

入院してからちょうど3ヶ月でした。

あっと言う間の3ヶ月で、まだ夢を見ているようです。

白髪のない黒髪が自慢で、いつも若々しかった父なので、

みんな「長生きするだろうな〜」と思っていました。




通夜、葬式、簡単な片付けをして、一昨日帰国しました。

体の何処かを突っつくと涙がこぼれ落ちるほど悲しみいっぱいです。






ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ukダイアリー * 20:37 * comments(4) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
* - * 20:37 * - * -
comment area
とってもやさしそうなお父様ですね!家族全員に見守られ他界されたお父様は素敵なお父様だったのでしょうね。。。!

心からお悔やみ申し上げます。


入院されて3ヶ月。。。Mortyさんの心痛察します。大丈夫ですか?


Mortyさんへ励ましの気持ちを込めて「応援クリック!」
* まり * 2011/06/06 9:17 AM *
経過を拝読すると、お父様ご本人にもmortyさんたちご家族にとっても
あまりに急なことで、どんなにお辛い時間であったのかが想像できます。

お父様のご冥福を心からお祈りしています。

ロンドンにはロンドンの生活があり、毎日お忙しいと思います。
でも、泣きたい時には思う存分泣きましょ。
時間がたつと泣くことすらできなくなります。
お子様たちはお二人ともしっかり者さんと、ブログからもわかります。
しばらくご主人とお子様に時間をもらって、ゆっくり気持ちの整理をつけられたらと思います。
(私は息子を亡くした時、義母への意地で泣くことができませんでした。
10年以上たっても気持ちの整理がつきません...)

くれぐれもお体をいたわって。
(返信は無用ですよ)
* Chun * 2011/06/07 2:47 AM *
まりさん Chunさん

メッセージありがとうございます。
ブログに載せようかどうか迷ったのですが、書くことで自分の気持ちをあらわせるかと思い、書いてみました。

こちらに戻ってくるとまた全く違う時間が流れているので紛れます。
めちゃめちゃ元気で申し訳ないぐらいです
ありがとうございます。
* morty * 2011/06/07 9:38 PM *
良かったです〜!安心しましたよ!
* まり * 2011/06/08 10:53 AM *
comment









trackback url
http://mfstyle.jugem.jp/trackback/1085
trackback
My Sweet Diary

美食・通塾・きれい製作〜
美しき生活を心がけ
日々を楽しく過ごせたら…

お気に召した記事がござい
ましたらぜひ1日1クリック
をお願い申し上げます.
人気記事
categories
links


ブログランキング・にほんブログ村へ
selected entries
archives
recent trackback
recent comment
訪問中
gremz
Visited Countries
profile
qrcode
recommend