MF STYLE in uk

09夏、ロンドンに引っ越しました。最近はロンドンの学校事情、自分の通う語学学校、そして、異国ロンドンで受けたカルチャーショックを好評公開中です〜「ふ〜ん」とか「そうそう」…とか言って読んで頂ければ幸いです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワイン教室スペイン・ポルトガル編 * main * シチリア〜シラクーサ・観光編part2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * -
シチリア〜シラクーサpart1
JUGEMテーマ:旅行




Half Termはシチリア旅行に行ってきました。

シチリアはイタリア半島のブーツのつま先に部分、

北海道より小さい島です。



塩野七生さんの本を読んでから、

「シチリアもいいな〜」とダーが言ったので、

アイスランドオーロラの旅から方向転換し、

(寒くてオーロラが見れらる確率が少ないので)

ガイドブック首っ引きでプランを立てた今回の旅行です。



シチリア最大の都市は北側にあるパレルモ

南西には歴史的都市シラクーサ

ヨーロッパで有名なリゾート地タオルミーナなどがあります。

ロンドンからはパレルモかカタルーニャに飛行機が飛んでいます。


今回は午後発BAに乗ってカターニャへ

5時半につき、空港バスで市内へ…

この空港シャトルバスはなぜか無料でした。

運転手さんに料金を払おうとすると、

「エアポート***++@イタリア語@...:::」と言われ

お金を受け取る素振りがありませんでした。

(ガイドブックには有料と書いてあったのですが。)







今晩はシラクーサに宿を取っていたので、そこまで移動しなくてはなりません。

6時の電車で行こうと思っていたのですが、間に合わず。

電車は1時間に1本なので、横を通ったバス乗り場でバスを探すことに…

その辺に立っているおじさんに「シラクーサ、これ?」と聞くと、

「ここ、ここ。青いバス。書いてあるよ」

「チケット、お金は?」

「乗り込んでから」

イタリア語と英語混じりで教えてもらい、

っていうか、ほとんどジェスチャー

(おじさん、ジェスチャー上手い!)

そうこうしているうちに、奇跡的にシラクーサと書いたバスが到着!

後で考えたら、恐らく30分に1本のバスでした。



シラクーサ市街地に無事着いたのに、

他の乗客がみんなバスを降りてしまい、つられて降りたら、まだ早くって…

スーツケースを引きながら20分ほど旧市街地のホテルまで歩くことに…

詰めが甘い(あ、もちろんダーが!)






旧市街地に入る大きな橋


大通りを少し入ると大聖堂ドーモがありました。





後日、行こうと思っていてすっかり忘れていたこの存在><;

見ておいて良かった!





イタリアと言えば治安の悪いイメージでしたが、

特に声をかけられることもありませんでした。

ただ、日本人がほとんどおらず、珍しいのか、

この後、何処に行ってもじろじろ見られることに(笑)





細い路地を入り、ホテルに到着

素敵な町並です。





ホテルの人にお勧めのレストランを3つ教えてもらいました。

まず、1件目は一番近いこのお店。

なんと隣にありました!



最近の持論では

「地球の歩き方に載っている店には行かない」

だったのですが、

このお店はホテルの人お勧めだけあり、全体的にお味も雰囲気もよく◎





イタリア語で

「ベジタブルのアペタイト、シチリア名物だよ。それでいい?」

と言うようなことをベラベラ喋られ、

なぜか主人と娘が頷いている…


「分からないのに返事したらあかんやん!」と言っていたら、

このお皿を4皿運んできたので、

mortyはすかさず「2皿でいい!!」とお断り!!

この辺、地球の歩き方に載っているだけあって、あこぎな店だ!

と思って、警戒心を露わにしたのですが…

このブルスケッタ、とっても美味しかったのです!


一皿4ユーロ





自家製パスタ





隣の人の所に運ばれてきたので、思わず指さし注文したエビ

これ、めちゃ美味しかった!





ワインはヴィーノ・ダ・ターヴォラ(テーブルワイン)のみ

食後にはノンアルコールの養命酒と生姜ゼリー、胡麻の砂糖菓子が出てきました。



デザートはキュウリンがプリンを頼みました。(これはいまいち)

そしたら、コルネのようなお菓子も出してくれました。

後で空港のお菓子屋さんで発見。

シチリアのお菓子のようです。







しばらくすると、男性ばかり6人の集団が近くの席で夕食を食べ始めました。

どうやら、地元のひとみたいです。

女性は居ないんだ〜と思っていたら…





別の席で食べていたらしい男性5人の集団がやってきてご挨拶


この5人は店中見渡して、知り合いが居ないか確認して帰られました。


「ゴッドファミリー?!」






この後も、このシラクーサではレストランに来ているのは男性集団ばかり。

イスラムの風習が残っているのか、

ゴッドファーザー的な集まりなのか?


道ばたで集っている集団も男性

地元の女性は何処にいるのでしょうか?



なんてことを考えていたら、すっかり夜も更け…

ホテルに帰り、無事到着できて良かったね〜と言いながら寝ました。



ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ヨーロッパ・アフリカ旅行 * 22:44 * comments(1) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
* - * 22:44 * - * -
comment area
シラクーサのB&B、何というところでした?
良かったですか?
* かれん * 2012/01/30 12:29 PM *
comment









trackback url
http://mfstyle.jugem.jp/trackback/1057
trackback
My Sweet Diary

美食・通塾・きれい製作〜
美しき生活を心がけ
日々を楽しく過ごせたら…

お気に召した記事がござい
ましたらぜひ1日1クリック
をお願い申し上げます.
人気記事
categories
links


ブログランキング・にほんブログ村へ
selected entries
archives
recent trackback
recent comment
訪問中
gremz
Visited Countries
profile
qrcode
recommend