MF STYLE in uk

09夏、ロンドンに引っ越しました。最近はロンドンの学校事情、自分の通う語学学校、そして、異国ロンドンで受けたカルチャーショックを好評公開中です〜「ふ〜ん」とか「そうそう」…とか言って読んで頂ければ幸いです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ルクソールpart6ホテルとナイトハイク * main * わが家の新春☆長男BBC出演 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * -
カイロPart7ムハンマドアリモスク・考古学博物館・ハンハリーリ市場
JUGEMテーマ:旅行


ここは、ムハンマド・アリ・モスクの中です。

モスクの中に入ると、シャンデリアと連なるランプで、

一瞬、大正モダン?っと思わせるような素敵な空間でした。





最終日のカイロ観光は先ず、

イスラム地区の高台に立つ、

ムハンマドアリモスクに行きました。





第一印象は砂漠の砂を被った茶色いモスクってかんじ!





入り口までの廊下

このモスク、1階部分はアラバスターで作られているそうです。





そして、フランス政府から送られた壊れた時計!

ルクソール神殿のオベリスクの方割れて交換してしまったものです。





さて、中の様子です。

天井ドームはブルーグリーンに輝き、とても綺麗な細工が施されています。





そして、遠足?に来ている子供が沢山いて、

写真を撮ってと言われたので、撮っておきました(笑)





子供達も旅行気分なのかとてもフレンドリーでした。

撮った写真もその場で見せて〜なんて言われましたよ。





モスクの周りには物売りと子供達と観光客〜

英語を勉強中の子供達はもじもじしながら、こちらの様子をうかがい、

「What's your name?」と話しかけてきます。

お返事してあげると、周りの子供も一斉に集まってきて、

あっという間に輪が出来上がりました(笑)





モスクを後にし、考古学博物館はバスで移動

考古学博物館があるのは、新市街地のナイル川沿いです。

今ある考古学博物館の向かい、ブルーのフェンスの辺りに

新しい博物館を建設中とのことで、

バスの駐車場もなく、まわりは大渋滞していました。





人も車もバイクも渡る道路、中央左はメトロ

フランスのメトロを導入しているそうで、

ガイドさん曰く「とても綺麗です。」

今回は利用せずでした。





考古学博物館正面です。





これがパピルスなんだそうです。





考古学博物館も残念ながら撮影禁止でした。



一番最後に考古学博物館に来たことで、

この旅の復習をするような見学となりました。

ハトチュプセット女王のスフィンクスや像、

ツタンカーメンの黄金のマスクや4重の棺桶、黄金の棺、調度品の数々、

ミイラを作る手術台、内臓を入れる4つの壺、

そしてミイラ室ではラムセス2,4,7,9世のミイラ

(特にラムセス2世のミイラはとても綺麗でした。)

ツタンカーメンの玉座の絵はツタンカーメンと妻との仲睦まじいレリーフが…

そして、パピルスの数々、命の裁判の絵



もっとゆっくり見たかった〜

そして、ここのミュージアムショップは、

エジプトで一番まともなお土産がたくさん売っていました。

が、そこはツアー…素通りされてしまいました〜残念すぎ〜



素通りされ、行った先はパピルスショップ

「は〜は。」なんですが、

パピルスの茎を使ったパピルス作りの実演は面白かったです。


そうそう、このパピルスショップで驚いたことは、

これまた日本語をとても堪能に話すエジプト人が沢山!

ここでは、初めて日本語を話す女性と合いましたよ。




この子達はパピルスショップの前で遭遇した子、かわいい!





パピルスショップを後にし、またイスラム地区へ


途中の新興住宅地らしきところ

今まで見た町並の中では一番新しく、綺麗な感じ…

エジプトの庶民のお家は面白いことに、屋上はみな作りかけ感が残っています。

鉄筋の柱の中からワイヤーが天に向かってボウボウ生えている状態(笑)

お金ができたら続きを作るそうです〜






アパート価格は800万〜1000万円ぐらいと結構高いそうです。

だから、テント張って暮らす人と人それぞれ…





またナイル川を通っています。

行き先はハンハリーリ市場なのですが、

何で逆行しているのか?時間調節?よく分かりません。





この日はサッカーの試合に向かう人で、賑わっていました。

バスから、旗を振っている若者の姿が見えます。





そして、これは民家ではなく、お墓なんだそうですよ。結構大きいです。




ハンハリーリ市場へ到着です。

モロッコのスークと同じで、値札が付いていないので、

全て値段交渉します。(結構めんどくさい)


ガイドさん曰く1/10ぐらいに値切れるそうです。





この時点で残り90エジプトポンド(2000円ぐらい)を残すという

今回はかなり優秀な両替術

ガイドさんが連れて行ってくれたお土産ショップで

家族4人「命の鍵」のキーフォルダーとキュウリンの友人へのお土産を購入。






肝っ玉の小さい長男は心臓バクバクゾーンなんだそうです。

キュウリンは残ったお金で初・値切り交渉!!

でも、手の内(持ち金)を相手に喋ってしまい、

2枚で50エジプトポンドでTシャツを購入…

ま〜初めてにしてはこんなもんでしょう(笑)

モロッコのスークでは「帰りたい」を連呼していたので、

それに比べたら、キュウリンは大きく進化していました。


長男は?「一生来ない」系?





直ぐにホテルに帰れると思いきや、ディナークルーズに行く人を送りに

また1時間ぐらいバス旅行…


我らがガイド・HIMAちゃん とも途中でお別れ〜 

4日間、ありがとうございました〜

名ガイドでしたよ〜

(ひまちゃんは次の日からJTB旅物語6日間のガイドをするそうです〜)






そして、最終日はコンラッドホテルに

こんな良いホテルなら、長く滞在したかったよ〜





でも、次の日は6時集合(涙)

このホテルの朝食食べたかったよ〜







エジプト5泊6日の旅もこれでおしまいです。


予想以上に見るもの満載で、今まで旅行した中でも

面白さはダントツNo.1 と言えると思います。

胸一杯の旅行となりました!




ガイドツアーの利点は効率よく回れたこと。

欠点はやはり時間のロスが多かったかな?

でも、個人旅行はやっぱりありえない感じでした。



ツアーの食事は後半はかなりいけておらず、

レストランに行くにもホテル着の時間が遅すぎでホテルから出にくく、

食に関しては「もう帰りたい!」と思いましたが、

帰る直前には、

「次はアスワンとアブシンベルに行きたい〜!」

っと思っていました。

が、私たちが帰国した日にアレクサンドリアでバステロがあり、

22人の人が亡くなったそうです。


日本からすると、テロなんて現実味がないのですが、

やはりイスラム圏は危険があるんだな〜と思います。




年末旅行もこれで終了、明日から新年ブログです〜


ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ヨーロッパ・アフリカ旅行 * 23:30 * comments(2) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
* - * 23:30 * - * -
comment area
morty師匠、今年もお世話になります(笑)
今シーズン、バーゲン報告もお待ちしてます!

エジプト旅行、morty師匠のレポートですでに腹いっぱいです。
エジプトはやはり日本人向けツアーにした方がよさそうですね。あまりにも高額なのでどうかなーと思ってました。

早起きしないといけないのがねー。
団体行動嫌いの夫と、早起きできない女たち(私&娘)。
やっぱり無理かなぁ...(涙)
* Chun * 2011/01/14 8:57 AM *
Chunさん〜♪
こちらこそ☆今年もよろしくお願いします。
ご訪問ありがとうございます=3
エジプト旅行、満腹感を味わっていただけて幸いですわ〜(笑)
エジプト旅行は説明があるのとないのでは楽しみが全然違うので、日本語ツアーがお勧めです。
ミキトラベル、HIS、日通などからツアーがでていますよ〜

早起きも帰る頃には日常に…エジプトツアーあるある☆
* morty * 2011/01/15 5:27 AM *
comment









trackback url
http://mfstyle.jugem.jp/trackback/1036
trackback
My Sweet Diary

美食・通塾・きれい製作〜
美しき生活を心がけ
日々を楽しく過ごせたら…

お気に召した記事がござい
ましたらぜひ1日1クリック
をお願い申し上げます.
人気記事
categories
links


ブログランキング・にほんブログ村へ
selected entries
archives
recent trackback
recent comment
訪問中
gremz
Visited Countries
profile
qrcode
recommend