MF STYLE in uk

09夏、ロンドンに引っ越しました。最近はロンドンの学校事情、自分の通う語学学校、そして、異国ロンドンで受けたカルチャーショックを好評公開中です〜「ふ〜ん」とか「そうそう」…とか言って読んで頂ければ幸いです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Alexandra Palaceアレキサンドラパレス☆アンティークフェアー * main * ゴーギャン展&Wineclub&インターナショナルナイト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * -
子供達の面談
JUGEMテーマ:学問・学校




11月後半は母が来英していました。

もう何処から手を付けていいか分からないほど盛りだくさんに遊んだので…

こう!ご期待

でもま〜あの記事を書き出すかと思うとなかなかやる気が起こらない…

ということで、最近レアーにあった、子供達の面談について書き残しておこうと思います。




長女キュウリンの面談はハーフターム明け

長女の場合は学校から渡されたタイムスケジュールの紙を持ち、

担当の先生に時間を書き入れてもらいスケジュールを決めます。

この面談のために学校は1日半お休みです(なんでだ〜)

主人の都合に合わせ4時以降で面談を組んでもらいました。



学校に行くと、入り口では日本で言うところの生徒会の子供達のような子が

終戦記念日に合わせたポピー募金と受付をしていました。



面談は教科別で、1人当たり10分少々、

担任(サイエンス)、EAL、テテクノロジー、マス、ドラマの

合計5人の先生の面談を受けました。

昨年は1年目と言うことが浸透していたので、

みんな当たり障りのないコメントが多かったのですが、

今年は先生も一新していて、結構色々言われていたようです。

ま〜一番は英語とボキャブラリーについてでした。



数学の先生が替わり、史上最低な成績がついてしまい、

それについては先生からのアドバイスをいただきました。

数学においても英語の問題だと言われてしまい、

テストはフルマークだったのにそれはないんじゃない?って思っていたのですが…

プロジェクトの英語が駄目だったようです。とほほ。

ま〜プロジェクトをやっつけ仕事でしていたキュウリンも悪いんでしょうが…




長男の面談は5時から8時の間の持ち時間30分の時間指定制でした。

雪がちらつく極寒の中、6時半に学校へ…

が、学校に着くとオールセントラルヒーティングで、とても快適!

地球温暖化は何処へ?


長男の学校はHouseというクラス分けと縦割りクラス分けが2通りあるのですが、

今回は縦割り少人数の方の先生が担当でした。

体育担当の男性の先生でいつも忙しくしているんだそうです。(長男談)

英語の発音が訛っていて聞きづらかったです。


先生からは1学期の成績を元にお話がありました。

成績は「学年末目標」「成績」「努力」「理解力」「態度」「個人学習」

という項目からなり、

7年生の場合は「努力」と「態度」を重視しているとのこと。

この辺は日本人はイギリス人の子供に比べると真面目なので、

ほとんど悪い評価もなく、この調子で頑張れば良いでしょうという感じでした。

長男についてもやはり英語が一番の課題です。


「何か質問はありますか」といことだったので、

長男の授業サポートについて質問するとかなりの慌てよう…(把握しとけよ!)

長男にはサポートが欲しいとお願いしておきましたが…


先生からは読書の時間は、

日本語ではなく英語の本を読むようにとのお話がありました。



私としては最近の長男については

「学習姿勢」や先生への「態度」が気になるところです。

この日も先生に対して横を向いて話に参加していなかったので、

ダーが注意。

その後、先生に連絡帳を渡すときにほり投げる始末…

日本に帰ったら大変な事になりそう…



っと思って、帰りに階段のところで

「その態度直さなかったら、毎週日曜はミサ!」っと大声でしかり飛ばしていたら、

ハウスの先生登場…;(「美人」長男談)

先生も空気を読んで長男にあれこれ質問をしていました。

「先生に対する態度について注意をしていました。」と先生に話すと、

「彼はいつも話をきちんと聞いていると思いますけど?シャイですしね。」

っと先生

長男の評価については耳にタコができるほどSHYと言われ続けていますが、

このSHYはどういう風に解釈していいのか未だ不明だわ〜

っと思いながら退散<<<



面談のこぼれ話としては、

長男の面談では先生がプリントアウトした成績を机に置いていたのですが、

次の生徒の成績もフツーに横に置いているのです。

イギリス人の場合、隠すということはしないのですね。

(大半の人はよその子の成績なんか気にしないからでしょうか?)



話をしているうちに、熱くなり、次の生徒の成績表を差しながら評価を解説するので、

「先生!ウチの子の成績、こっち!」っと訂正させていただきました(笑)

アイムソーリーと謝りながらも、次の生徒の成績は表向けたまま丸見え状態!

そっちにばっかり目がいくやん!

日本人は他人のことが気になるんだから〜(爆)




この10月の英検キュウリンは2級、長男は3級順調にパス!

長男は3級の面接でリーディングとスピーキングがフルマークでしたが、

アティテュードが1/3でした…; とほほ

何をどんな態度をしたら3中1を取れるのか…面接現場を見たいです〜



キュウリンについては「英検2級ママよりいい成績で合格するから!」っと宣言したので、

「いい成績だったら、itouch買ってあげる!」っと懸賞を掛けるも、

「同点!!」

と言うことで、itouch購入は死守いたしました(笑)

サンタさんに頼んでください。



ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* uk学校事情 * 10:27 * comments(0) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
* - * 10:27 * - * -
comment area
comment









trackback url
http://mfstyle.jugem.jp/trackback/1008
trackback
My Sweet Diary

美食・通塾・きれい製作〜
美しき生活を心がけ
日々を楽しく過ごせたら…

お気に召した記事がござい
ましたらぜひ1日1クリック
をお願い申し上げます.
人気記事
categories
links


ブログランキング・にほんブログ村へ
selected entries
archives
recent trackback
recent comment
訪問中
gremz
Visited Countries
profile
qrcode
recommend