MF STYLE in uk

09夏、ロンドンに引っ越しました。最近はロンドンの学校事情、自分の通う語学学校、そして、異国ロンドンで受けたカルチャーショックを好評公開中です〜「ふ〜ん」とか「そうそう」…とか言って読んで頂ければ幸いです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * -
Wales☆Erdding邸
JUGEMテーマ:旅行


今日は最終日…

ロンドンまでの中間地点、バーミンガム辺りで休憩しようかと思っていたのですが、

折角ならばウェールズにある邸宅を訪問したいな〜と言うことで、

ナショナルトラストの本から選択…




ウェールズとイングランドの境にある「Erdding」というお宅を訪問しました。

駐車場で遭遇!





かっこいい!





入り口では子供達向けのイースターのイベントが…

卵のチョコと小さなひよこを入れるバッグを作っていました。

流石にうちの子らは近づかなくなった(笑)





先ずはお庭を散策

ここのお庭はシンメトリーに作られている手入れ系「イングリッシュガーデン」





18世紀初期のフォーマルガーデンが残されていて、

大きなウォールガーデンやヴィクトリア朝様式の花壇が見られます。





裏に回ると…綺麗なエントランス






このアイビー、ナショナルコレクションに指定されているそうですよ。

ナショナルコレクションって、なんなんでしょう…?






そして正面に広がるこの景色〜





日陰にはブルーベルも咲いていましたよ。





そして、建物の中へ…

このお宅は

1687年に建築家のトーマス・ウェップによって作られ、

大法官庁のマスター、ジョン・メラーに売却された後増築され、

彼の甥サイモン・ヨーク1世に引き継がれ

その後、長い間ヨーク家の邸宅として使われていたそう。


18世紀から19世紀にかけてのカントリーハウスのライフスタイルが

感じられる当時のまま、たくさんの生活用品や調度品が保存されています。






1階は使用人スペースで、2階以上は家主のスペースです。





ヴィクトリアンの調度品がたくさんで、見応えがありました。

ダイニングであったボランティアさん、

珍しく若いお姉さんでした。

だいたい何処のマナーハウスでも英国紳士淑女という感じの

ご高齢のボランティアさんが多いのですがね。





自宅にチャペル

そして、建物の階段や壁はオーク材?何気にゴージャスで驚かされます。






2泊3日、あっと言う間でしたが、

北ウェールズ旅行満喫してきました。

一路、車を飛ばしてロンドンへ〜!


長かった2週間のイースターホリデーも明日で終わり!!

はよ、学校にいってくれ〜



ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


 

* uk小旅行 * 07:11 * comments(0) * trackbacks(0)
Wales☆Conwy Castle☆コンウィー城
JUGEMテーマ:旅行




昨日とはうって変わっての晴天です。

空気は冷たいので、体感は少しヒンヤリする感じ





正面奥に見えるのがコンウィー城です。

今までいろいろ城壁は登りましたが、

ここの城壁は高い!





ノボルノボル





眺めもドンドン良くなっていきます。

しかも、貸し切り!





2方向に海が見えます。





石でできた橋の向こうにも海が…






海岸の方にやってくると、徐々に低くなっていきます。





海岸沿いの城壁はどうやら壊れてしまったそうです。





一端地上に降り立ちます。


この建物、面白い形をしているな〜と思って、写真を撮ったのですが、

あとでガイドブックを見ると、中世の邸宅

アバーコンウィー・ハウス

1階はナショナルトラストのお土産物やさんになっています。

そう言えば、昨日入ったな〜





そして、コンウィーにもギネスがありました!

Smallest House





高さ3m、横幅1.8mという極小のお家です。

ギネスブックに載っているそうです。





海沿いを歩いて〜









コンウィー城に到着です。





入場の時に、子供達はクイズのラリーをもらいました〜





8本の塔が残っていて、一番上まで登ることが出来ます。

眺め最高!





このコンウィー城は

イングランド王のエドワード1世がウェールズ征服の軍事拠点として建てた城塞

なんだそう。

1283年に着工し、4年半で建てられたそう。






イギリスの城塞のなかでも最も保存状態が良いと言うだけあり、

塔の上まで続く階段も、当時の面影を残します。







そんなお城にウェールズの国旗が揚がっています。





本当に気持ちの良い天気で、

高い塔に登り、

イングランド王になった気分!





コンウィー観光を終え、車で移動

次はウェールズの邸宅訪問です。






ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* uk小旅行 * 08:29 * comments(0) * trackbacks(0)
Wales☆中世の街 Conwyへ☆ギネスブック編

JUGEMテーマ:旅行



スノードン鉄道を後にして、向かった先は

LLANFAIRPWLLGWYNGYLLGOGERCHWYRNDROBWLLLLANTYSILIOGOGOGOCH駅

そう、世界で一番長い駅名の駅です!!

 


Holyheadに行く途中にあったので寄ってみましたが、

結構大きなショッピング街となっていて、

観光客もたくさんで賑わっていました。





そして、これがAnglesey島にある岬

Holyhead


もっとなんかあると思って行ってみたのですが、

な〜んにもなかった(笑)






最終目的地のConwyへ車を走らせました。

小さな街でしたが、観光客がたくさんいて、

賑わっていました。

それにしても、イースター中と言うことで、

半分ぐらいお店が閉まっていて、

欲のない観光地でした(笑)






右下の指輪はClogau Gold社というブランドなんだそうですが、

代々王室の結婚指輪を作っているんだそうです。


ウェールズの会社で、セント・デービッド鉱山から採掘されたゴールドで作るとか…

ウィリアム王子とケイトさんの結婚指輪もこの会社のものとなるようですよ〜





ここConwyには1283年に建てられたConwy城が残っています。

イギリスの城塞のなかでも最も保存状態がよいそう…

明日のお楽しみです。



夕ご飯もワインもたっぷり頂きました。

疲れてバタンQ〜



ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* uk小旅行 * 16:23 * comments(2) * trackbacks(0)
Wales☆Snowdon Railway☆スノードン鉄道
JUGEMテーマ:旅行




朝7時前に着替えをすませた子供達がいきなり登場!

「どうしたの?」


「長男!時間間違えた!」

ぎゃふん!



と言うことで、朝食前に近くのお城を見に行くことに…





Criccieth Castle





ウェールズの海岸沿いにはこのような廃墟がたくさん残っています。


これがウェールズの国旗です。

ユナイテッドキングダム(UK)は

イングランドとスコットランドとウェールズと北アイルランドの

4つの地域が集まった国です。





昔々には一つ一つ国として存在していたそうです。

イングランドとは長い戦争があり、

侵略されて、城を築かれたという歴史があります。






ホテルに戻ってホテルのガーデンを散策

昨日の夕食を消化せねば!










ウェールズの朝食にはキッパーやハドック(タラ)などがチョイスできました。





しっかり朝食を頂いて、ホテルを出発





途中はスノードニア国立公園を通っていきます。






緑の芝と、幅の変化する川、高い山





所々に車を止めることが出来るPがあり、停車…

ぼーっと眺めてしまう景色です。













おや?子羊?






かわいい!





少しずつ高台に登っていくと





こんな素晴らしい景色に…





もっと進んでいくと山肌に岩がゴロゴロ






今日の目的地はSnowdon Railway☆スノードン鉄道





ウェールズ最高峰のスノードン山(1085m)山頂へ登ることが出来る鉄道です。





この時期は30分ごとに列車が出ているようです。

(予約制)





運が良ければ蒸気機関車

でも、mortyの乗った列車は残念でした。





一両編成列車の旅出発です!





生憎の天気で、登り始めると徐々に霞んできました。

この列車はアプト方式という線路の間に歯車のようなものがついていて、

その力で山頂まで登っていきます。





途中の駅で2度ほど下りの列車と離合します。





ここまで、外は雲で覆われていたのですが、

山頂に到着直前に雲の上に出たようです。





地獄風呂みたいですね〜





そして、山頂登頂!

下から2時間かけて登山している人が大半でした。





保存鉄道の旅でした。



午後からは、

北ウェールズの中世の町、Conwyへ〜

つづく!




ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* uk小旅行 * 17:14 * comments(0) * trackbacks(0)
North Wales☆北ウェールズへの旅・先ずは世界遺産編
JUGEMテーマ:旅行


イースターホリデー2週間ももうすぐ終わりですが、

2泊3日北ウェールズへ旅行に行ってきました。


ロンドンからはダイレクトに行くと車で4〜5時間ぐらい掛かるので、

途中の休憩地点として

世界遺産でもある

Ironbridgeアイアンブリッジに行きました。


Shrewsburyに近いIronBridge渓谷

橋の周りにはレストランやホテル、駐車場などが並び、

かわいらしい観光の町でした。





Ironbridge

セヴァーン川に1779年産業革命の時代にかけられた世界初の鉄橋で、

鉄の素材を生かした建築技術がなかったため、

木造橋の手法(アーチ型)で造られたそうです。





今見ると、レトロモダンな雰囲気を醸し出しています。





お天気も良く、まったり〜

川の袂の小道にわが子ら2人!





橋の近くのカフェで、

ロンドンにしては珍しく美味しいサンドウィッチを頂き、

さ〜ウェールズに出発です!






ウェールズに到着!

とっても早い感じですが、もう午後3時頃?

Conwyにあるナショナルトラスト

Bodnant Garden ボドナント・ガーデンに寄りました。





チューリップが満開でした。


このガーデンは50m続くキングサリが有名なのですが、

花の見頃は5・6月だそうで、まだ青いアーチでした。残念!





満開時にはこんな感じみたい!





邸宅の横には藤の花が満開でした。





お庭から見たお屋敷

ビューティフォ〜




ここ、お宅には入れず、お庭散策へ…

お庭というか、ミニハイキングコースというか…

とにかく広い!





サツキや椿が満開で、

日本の山を歩いている錯覚に。





自分のブログに載せる用の写真を撮るのがマイブームの子供達





ブルーベルも咲いていましたよ〜

イギリス人にとっては珍しくないのか、

結構みんな素通り(笑)





たっぷり30分ぐらいのお散歩コース

お屋敷の初代頭首はビクトリア時代の化学者で

石鹸の元となるロジンを発明したHenry Davis Pochin

そして、ヘンリーのお嬢さんがAberconwaysに嫁ぎ、

以来このボドナントはAberconway家によって造り上げられたそう。





とても綺麗なお庭で、うっとりの午後を過ごすことが出来ました。

さて、今日の宿泊地はスノードニア国立公園西の海岸沿いのホテルです。

ここからまだ1時間〜遠い!





とても素敵な木造建築





ですが、経費節減で安い部屋を予約したので、屋根裏部屋(@@);

シャワーもトイレも微妙な感じ!

と言うことで、寝る以外は外で過ごすことに…





かんぱーい!


この日はお天気も良く、morty絶好調でIronbridgeまで3時間を運転〜


この一時を待ってたよ〜でもね、

これがね〜今思うと、このビール腐ってたよ〜(T_T)

かなり酸っぱかったのだけど、イギリスのビール酸っぱいことも多いので…

でも、あれはないな〜

田舎のホテルのドラフトには要注意(爆)

もちろん、そんなビールを乾杯し;

トランプなんかしながら夕食時間までまったり〜





この旅行のために、密かにダイエットをしていたmorty





がっつり3コース頂きました〜!





見た目は美味しそうだけど、お肉堅かった〜(笑)





イギリスのホテルはエントランス近くのリビングルームがとても素敵

ここで、大富豪をして盛り上がる!





ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* uk小旅行 * 08:24 * comments(0) * trackbacks(0)
3日目はSaltaire&East Riddlesden Hall&Penistone Hill~Haworth&Sudbury Hall
JUGEMテーマ:旅行


Saltaire ソルテア

3日目は町ごと世界遺産に指定されているソルテアを訪問

ヨークからは車で1時間ほど…

産業家のサー・タイタス・ソルトさんによって、1853年に建設された町です。

この町の説明

詳しくは




恐らく、この辺りは町で働く人たちのために建てられた住宅地



駅の建物

とても立派でした。




このソルテアという町…車で次の目的地に行く途中、

「この近くに世界遺産あるってよ」

ってことでほどんと下調べほとんどなしに訪れました。


途中iPhoneでwikiしながら…

産業革命の頃の町なんでしょうか,

何処を見たら正解かも分からずのドライブする〜いや

ドライブスル〜でした〜

町の個性は…ロンドンなんかよりは古代…いや近代的!

観光客もイギリス近郊から訪れているような感じでした。



ソルテアから車で30分ぐらいの所にあるお宅で、

East Riddlesden Hall

現在はナショナルトラストの管理です。





高機能カメラ(!)で撮ると綺麗に明るく写っていますが、

もちろんmorty姉の勤めるSony最新デジカメ!撮影

実際はかなり暗くてどんよ〜りとした雰囲気のお宅です。

ここは映画「嵐が丘」の舞台になったお家です。




素敵な階段は最近になって近くのグラマースクールから

譲り受けたものなんだそうです。





多分、家主さんの趣味なんでしょうが、

どの部屋もくら〜くてとってもそれらしい感じなのです。




今まで見てきたナショナルトラストのプロパティーとは少し違う

カントリーな雰囲気で、

各部屋に、家主の奥様お嬢さまお手製の(?)

刺繍の額がたくさん飾られています。




陶器も、「マイセン!セーブル!」なんかと違い、

イギリスのものがコレクションで、面白かったです。





そう、このお宅、ゴーストが出ることで有名なんだそうですよ。



途中からはお天気ピーカンで、そんな雰囲気も薄らぎましたが…






またまた車で移動すること30分?

Penistone Hill ~ Haworth

ヘザーを求めてペニストンヒルへ…ここが嵐が丘の舞台になった「丘」です。

車で上っていくと…ハワースの町が綺麗に見えます。



公園のあちこちに小さなパーキングとそれに続くフットパスが…



良さそうな雰囲気の所に車を止めて…ヘザーの見える方へ登っていきます。

獣道のような道があるんです。




絶好のヘザー日和?!

頂上らしいところから眺めると、

向こうの方に広大に広がるヘザーが見えました。



もの凄い風なんです。ビュービュー吹いていて、さむ!



ヘザーの花はこんな感じのかわいいピンクの小花です。7分咲き〜

風が強すぎて、接写するもピントがなかなか合わないんです。




これでもか〜!やっほ〜!



ハワース、ヨークを後に帰路へ…

最後の目的地はハワースから車で2時間半、ダービシャー州

Sudbury Hall 




しつこくってすいません!(笑)

ここは高慢と偏見、ダーシー卿のお宅の中身の方なのです。




ドラマのワンシーンを思い出しながら、お宅拝見です。



ナショナルトラストのボランティアさんに

撮影秘話を教えてもらいながらまわります。

テレビではこの部屋の正面に豪華なカーテンが掛かっていたそうなのですが、

衝立を建てて、そこに掛けていたそうです。

撮影ではリビングになっていた部屋で、

右端にジョージアナのピアノが置かれていました。


実際にはピアノは次の部屋に置かれていました。





大勢の観光客が訪れていました。

みなさんのお目当ては?コリンファースの座った椅子?




ミニミニブックたちがとってもかわいい!






ここは、ダーシーが夜中キャンドルを持ちながら通ったホールです。



どうしてこのお宅がダーシー卿のお宅に選ばれたのか

分かるようなデコラティブな内装でしたよ。




とても素敵なお宅でした。



ここからロンドンまで3時間!がんばって運転しましたよ〜

いつもながら、ホリデーなのに疲れる過ごし方をしてしまいました。

ヨーク旅行、感動の連続でした〜

お勧め度合い★★★★★!

是非、ヘザー満開のこの時期に!

ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

 

* uk小旅行 * 07:25 * comments(2) * trackbacks(0)
2日目はYork Minster&Fountains Abbey&Studly Royal Water Garden&Brimham Rocks
JUGEMテーマ:旅行





2日目の午前中は歩いてYork市内を観光しました。

ホテルから1本道、5分ぐらい歩くと城壁門が見えてきます。





城壁に登り、西側に歩いて行くと…





York Minster

が見えてきます。





城壁内の北西に位置するミンスターは、ゴシック建築で建てられた建物では、

イングランド最大なんだそうです。

ここで有名なステンドグラスを拝見。





1枚のステンドグラスの大きさは60cm四方ぐらいで、

1枚ずつが見応えのある絵になっています。

正面のステンドグラスは修復中…残念〜



ミンスターから出て、町の中心へ…

町並はチェスターに似た感じです。





直ぐの所にとても大きなアンティークショップがあり、釘付け!

ロンドンよりよっぽど安い!

時間があったらゆっくり見たかった〜家族の目を気にして、観光に復帰。





11世紀にノルマン人が築いたお城の本丸

Clifford's Tower

イングリッシュヘリテイジのプロパティーです。

ガイドブックで見ると、とっても田舎にあるのかと思いきや…

町のど真ん中で、周りは駐車場やショッピングセンターがあり、賑わっています。

ちなみにここは正規登り口ではありませんでした!(裏側に入り口あり!)





午後からはホテルに戻り、車に乗って郊外へ…



先ずは世界遺産2連発!!

ヨーク市内から車で1時間半北西に走ったところに、


Fountains Abbey
&
Studly Royal Water Garden


1132年にシトー派修道院の修道士達によって建設された修道院で、

12世紀にはイングランドで最も栄えた修道院だったそうです。

が、1539年ヘンリー8世のカトリック教会との断絶で取り壊されてしまいました。


1540年にはロンドンの取引所の創立者の父

リチャード・グレイシャムに売られ、その後も個人所有の庭園だったそうです。


現在はナショナルトラストの管理です。

エントランスを入りしばらく歩くと…

明るい芝生が広がり、家族連れが世界遺産にもたれてピクニック!





建物の中に入っていくと…

がらっと雰囲気が変わり…重〜い空気が流れています。



朽ちた建物が続きます…

足元には緑の芝が広がり、何とも言えない空気感でした。



綺麗な形状が残っています。








アビーの正面、ここにも綺麗なステンドグラスが埋められていたのでしょうね。





12世紀には鐘がつり下げられていたのでしょう。


長い廊下…

世界遺産風呂、かわいい!











世界遺産はかくれんぼや高鬼にもってこい!





敷地内に同じく世界遺産に登録されている

噴水庭園があります。





ここは映画「秘密の花園」の舞台になったジョージアン様式の庭園です。






世界遺産を後に車で走ること15分…

ナショナルトラストのガイドブックの写真に惹かれて、

Brimham Rocks

と言うところに行ってきました。





それほど高くない山間に突如現れた自然巨石軍!

想像以上の面白さです。




何故登る?





そこに石があったから…




結構危険箇所がたくさんあるんですが、

ここは自己責任の国!

みんな登る登る!




お父さんが先に登って、子供を引っ張り上げる!

イギリス人パワー〜見ているだけで面白い!

っと思ったら、頂上に到達したお父さんと目があった!

手を振ってくれました(笑)



長男「ぼく、こんなところが楽しいな〜

(博物館とかじゃ〜なくってね)」

でしょうね〜





展望スポットに登ると…

自然に浸食された巨石なんだそうです。

1つずつに名前が付けられていましたよ。


mortyも大きい石の上に寝っ転がり…

太陽がさしてきました、エネルギー充電!

気持ちよかった〜


夕食はヨーク市内のインド料理やさん

AKASHで…美味しいカレーをたらふく頂きました。





1日なが!



ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

 

* uk小旅行 * 14:09 * comments(0) * trackbacks(0)
North Yorkshire Moors Railway保存鉄道・蒸気機関車の旅
JUGEMテーマ:旅行


今週末は2泊3日で、Yorkへ旅行の計画をたてていました。

途中、大好きなピークディスリクトへ寄り、

癒しの景色、動物を堪能〜





 ウール100%




この時期、毛を刈り取られている子が多いんですよね〜





前回ダービシャーに来たときに見そびれていた

Lyme Park ライムパーク





BBCドラマ…

こちら、ダーシー卿のお宅です!

リジーが「Beautiful!」と思わず溜息を漏らした景色がこちら!






実はドラマではお城のように大きく写っていたこのお宅ですが、

実際は意外と小さく、シンプルな形…

「遠近法を利用したトリックだ〜」

なんて、色々な角度から楽しんできました。





ローズガーデン

長男「いろんな所に、ローズガーデンってあるんだね〜」

飽きた?





オランジェリー





今にもダーシー卿が降りてきそうな雰囲気の中庭。

そして、ここのレストランはナショナルトラスト離れした美味しいお料理が出てきました。

しかも安価だったので、恐らく地元の方でしょうか、12時に押し寄せ直ぐに満員に…



腹ごしらえも終え、車で約2時間…ようやくヨーク市内へ到着です。

今回は城壁近くのCarlton HouseというB&Bへ宿泊です。





ホテルで少し休憩し、今夜のお楽しみ…

North Yorkshire Moors Railway保存鉄道・蒸気機関車の旅へ。


前日、旅行の計画を建てていたのですが、「イギリス鉄道の旅」という本を読んでいて、

この保存鉄道の存在を知りました。

ダーが電話で予約をトライしてみると

本当は1ヶ月前予約だそうで、偶然1テーブルキャンセルが出て空いているとのこと…

ラッキ〜!


夕方の渋滞に巻き込まれ、ヨーク市内からは車で1時間半ぐらい…


途中、ムーア(荒原)でヘザーのカーペットに遭遇!

ヘザーは8月末から9月辺りに見られる紫色の植物です。





めちゃめちゃ綺麗で、感動でした!


そして真ん中に走っている、この道路を通って来たのですが、

帰り、真っ暗の中ここを通るのかと思うと、少し不安?

ちなみに、制限時速は96Km!




今晩はプルマン・レストラン車両でディナーを頂くことに…

出発はGROSMONTグロスモント駅です。

隣の駅はハリーポッターの撮影で使われた「ホグズミート」駅です。

駐車場が隣接していて、そこに車を置き…






夏の間は1日9便往復しています。ディナーは19時半〜週末の運行です。

土曜のランチは直ぐに満員に…ランチの時間にのると、ムーアの景色が綺麗に見られそうです。



かわいい駅の構内…



女性用の待合室があり、誰かの忘れ物?のようなトランクがいっぱい!



                のんびり〜とした、空気が流れています。         
         
                でも、あれ?蒸気機関車じゃなくって、ディーゼルだった?

                姿がなく、やや不安…



乗車を前に、続々と乗客が集まってきます。

乗り込む前にワインの注文…




そして、私たちが乗る電車、ROBIN



オリエント急行のような高級感はありませんでしたが、

わくわく感でいっぱいの車内です。






7時乗車してしばらくすると、夕食が始まりました。

7時半発車と言うことですが、なかなか…結局8時に出発!

出発前に「ドン!」という音と揺れ…

そう、どうやらここで、先頭に蒸気機関車がドッキングしたようでした!





走り出すと、「しゅしゅぽぽ しゅしゅぽぽ」って、

本当に聞こえてくるのです。

空には蒸気機関車の出す煙が舞い立ちます。



夕食を頂きながらの楽しい列車の旅です。

Pikerlingの駅で折り返し、15分ぐらい休憩がありました。

早速降りて、蒸気機関車を拝見!




もの凄い蒸気が上がっています。

雰囲気良すぎです。








蒸気機関車に乗っちゃった!

ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

 

* uk小旅行 * 06:46 * comments(2) * trackbacks(0)
Chatsworth Houseチャッツワースハウス
JUGEMテーマ:旅行



今回バンクホリデーの旅行先に

湖水地方とダービシャー州を選んだきっかけは、

Pride & PrejudiceというBBCで放送されたドラマのDVDです。

このドラマの登場人物の貴族な男児「ダーシー」の住むお屋敷がダービシャー州にある

Chatsworth House

と言う設定です。





お屋敷もさることながら、

ドラマに出てくるダービシャー州の景色がとても綺麗で、

一度訪れてみたいと思った場所でした。






このドラマのDVDを私に貸してくれたミキティーに感謝!

あの時のものとは違うけれど、日本に帰ったら返します!m(__)m




ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

 

続きを読む >>
* uk小旅行 * 07:32 * comments(0) * trackbacks(0)
Shiply Country Parkシプリーカウントリーパークでハイキング
JUGEMテーマ:旅行



この日は知人の薦めでガイドツアー付きのハイキングコースがあることを知り、

3時間4マイルという楽ちんそうな数字に安心し、

余り詳細を読まずにShiply Country Parkへ向かう。







ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

 

続きを読む >>
* uk小旅行 * 06:40 * comments(0) * trackbacks(0)
1/2 pages>>
My Sweet Diary

美食・通塾・きれい製作〜
美しき生活を心がけ
日々を楽しく過ごせたら…

お気に召した記事がござい
ましたらぜひ1日1クリック
をお願い申し上げます.
人気記事
categories
links


ブログランキング・にほんブログ村へ
selected entries
archives
recent trackback
recent comment
訪問中
gremz
Visited Countries
profile
qrcode
recommend