MF STYLE in uk

09夏、ロンドンに引っ越しました。最近はロンドンの学校事情、自分の通う語学学校、そして、異国ロンドンで受けたカルチャーショックを好評公開中です〜「ふ〜ん」とか「そうそう」…とか言って読んで頂ければ幸いです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * -
さようならロンドン
JUGEMテーマ:日記・一般










とうとうこの時がやってきてしまいました。

帰国です!!


赴任期間主人は3年、mortyは1年遅れでロンドンに来たので、

2年…



思い起こせば2年前…



この景色に毎日笑みがこぼれたのを思い出します。

「うわ〜外国に住んでいるんだ〜」って。

(ベタですが…)



それから2年、ようやく「Hi! How are you?」と

何気ない挨拶が笑顔で出来るようになってきたんですよね〜

そのタイミングで帰国です。



短かったのですが、濃厚充実の2年間でした。

楽しい思い出いっぱいです。

大好きな街になったロンドン

I LOVE LONDON〜

そして、

Thank you London~


そして、ここで出会った友人

友達に支えてもらったロンドン生活と言っても過言ではないです。



いろいろ情報を教えてもらったり、飲み歩きしたり、旅行に行ったり…

共に遊んだ日々(呼び掛け調?)

本当に本当に感謝です。



この年になって、こんなにたくさんの人と出会う機会に恵まれたのは、

何物にも代え難いことです。


みさなん、本当にお世話になりありがとうございました。


日本に帰っても、忘れません!

mortyのことも忘れないでくださいね。



それから、もう一つは

海外生活をして、特に日本の裏側ヨーロッパで暮らすことで、

視野が広まったような気がします。


上手くは表現できませんが、今まで「これが普通、当たり前」と思っていたことが、

こんな風にもこんな風にも見えている人がいることを知ることが出来ました。


これについては、日本に帰ったらしばらく

「ヨーロッパとは違う」と日本のあら探しをしてしまいそうですが、

そうではなく、自分の中で楽に生活出来る方法として

活用できるように変換していきたいと思います。





最後の2ヶ月もより濃厚に過ごしているのですが、

只今引っ越し準備にかかり、

ブログにする心の余裕が無く、

また日本に帰国してからゆっくりアップしたいと思います。

訪問して下さっている方々ありがとうございます。

引き続き、MF STYLE  in TOKYO



よろしくお願いいたします。




ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ukダイアリー * 08:40 * comments(7) * trackbacks(0)
今更ながらのFacebook
JUGEMテーマ:日記・一般

 



最近になり、Facebookの登録をしたmortyです。

友達はダーとキュウリン、母と姉!!

だれかmortyを探して下さいね〜(笑)




いえいえ、お友達も徐々に増えてきています〜

ツイッターより、知り合いのなかで繋がれている感じがして面白いですね。








London夏の夜長で、最近は10時頃まで明るいです。

ビールの美味しい季節になりましたね。



ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ukダイアリー * 17:43 * comments(4) * trackbacks(0)
POLO観戦
JUGEMテーマ:日記・一般




週末、うちから近くの競技場でPOLOの試合があり、

家族で行ってきました。

ロンドンにいる間に見ておきたかったスポーツの1つです。





この試合のことは、お友達に教えてもらったのですが、

その友人家族と入り口で会い合流〜入場〜

12時開場で、試合が始まるのはなんと2時45分から〜

なななんと!



ということで、みんなでぶらぶら〜





Harrod'sのフードコートも出ていました。

その他、ブーブクリコのバーややストールいろいろ見て歩きました。







雨も降ってきたので、テントの中で腹ごしらえ…



1時半からポニーのレースがありました。

なんと、騎乗しているのはみんな子供!






途中、落馬なんかもあり、一瞬ひやっとしましたが、

結構なスピードで走っていて、驚きました。



場内にはパブも設置されています。






お天気が良かったらピクニック感覚で来られそうです。







さて、ようやく待ちに待ったPOLOの試合のスタートです!!

試合はニューヨークVSモスクアという国際試合






ここの競技場は小さいので、

3対3で試合をします。

1セット6分30秒で、1セットでハーフターム×2で勝負が決まります。

馬は1セットごとに換えるそうです。






馬のスピードが凄くって感動!

美脚でかっこいい!



ハーフタームにはみんな場内に入って、

乱れた芝を戻します。

長男はピッチに入りたそうなので、背中を押しました!

「本当の芝のピッチに初めて入った!」と喜んで帰ってきました。

もとサッカー小僧の長男らしい感想でした。





小さいボールを追いかけて、馬が走ります〜

スティックを上に上げてボールを追いかけます。


たまに、打ったボールが馬の足に当たったり、

大きく振り上げたスティックで空振りしたり

ドラマがあり、面白い!





結果は7対7の同点のサドンデス

あれ?どっちが勝ったんだっけ?


あ、NYでした〜


ロイアルアスコットに行ってみたい!

と言うほど熱い思いのない方にお勧めのスポットでしたよ。





ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* uk観劇&観戦&コンサート * 13:32 * comments(4) * trackbacks(0)
父逝去
JUGEMテーマ:日記・一般





2月末に体調不良で病院にかかった父が、

急性白血病と診断されて、血液内科で有名な市民病院に即日入院しました。



入院直後に抗がん剤を点滴するも、肺炎になってしまい、

担当医からは寛解はないと言い渡されたそう。





状況分からず不安な日々

3月中旬に一時帰国をしました。

その時点で、母が心身共に疲れていて滞在中ダウン。




最近の癌治療は、本人にも付き添いにも告知が当たり前で、

毎日悪い血液数値と病状の説明を聞かされ、

ほとほと疲れてしまったという感じでした。




病室に向かう廊下で、担当の先生を見つけたので、

追いかけて挨拶をすると

「2ヶ月持つかと言われると厳しいです。」

とのことでした。



「お医者さんは最悪を語るから」っと父と家族と自分を励まし、

姉弟と連絡をとりつつの日々でした。


その後、姉が病室でSkypeが出来るようにWifiとPCを設置してくれました。

電話で話すよりも、様態が分かるようになったものの、

やはり病状は後退する一方でした。




5月上旬に再度帰国

前回よりも明らかに痩せてグッタリしている父を見ると胸が詰まりました。

この少し前から、父本人も治らないことを自覚し、

精神的に不安定になってきていました。

一週間の滞在後、次回の帰国予定を決めずに帰ってきたことをやや後悔しました。




5月下旬、

母から肺炎を併発したとの連絡が入りました。

2日前に病室とskypeで話したときには元気そうだったのに…




父の病状が気になり、朝5時半ぐらいにメールを開くと

母から父危篤のメールが入っていました。

「mortyはもう帰ってこなくて良いよ。」と書いてあったのだけれど、

気持ちは帰国。



BAのサイトを見ると、

1:30の便に空席があり、帰国することにしました。

前日の悪天候の影響でヒースロー発が2時間遅れ

成田について姉や母と連絡を取ると、かなり厳しい状況なのがわかりました。

トランクを抱えたまま病院へ

mortyが病室に着いたとき、父が丁度吸引で眠りから覚めていました。

父と目で会話することが出来ました。



その夜は母、姉、弟と4人で病室に泊まりました。

次の日、義兄、義妹がそれぞれ子供を連れ病院に到着、

みんな揃ったところで、父は息を引き取りました。







享年71歳

入院してからちょうど3ヶ月でした。

あっと言う間の3ヶ月で、まだ夢を見ているようです。

白髪のない黒髪が自慢で、いつも若々しかった父なので、

みんな「長生きするだろうな〜」と思っていました。




通夜、葬式、簡単な片付けをして、一昨日帰国しました。

体の何処かを突っつくと涙がこぼれ落ちるほど悲しみいっぱいです。






ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ukダイアリー * 20:37 * comments(4) * trackbacks(0)
クラシック&ロック★コンサート2件




キュウリンは最近、友人に楽譜をコピーしてもらい、

こちらで買ったしょぼいキーボードで「幻想即興曲」に挑戦中。

1ヶ月ぐらい掛けて夢中で練習しています。


最近になり、

学校のピアノ室が開いているときには借りれることが分かったそうで、

放課後や昼休み、練習に励んでいるようです。



そこで、音楽の先生と話す機会も多くなったようで、

ピアノのコンサートのチケットを安く分けてもらってきました。






Alexej Gorlatch

2009年、ダブリンのピアノコンペティションで優勝した

若きピアニスト  23歳?



ウクライナ出身だそうですが、

初めて入賞したコンクールは浜松のインターナショナルコンペティションなんだそうで、

日本に何度も凱旋しているピアニストのようです。



ショパンコンクールにも出場したことがあるそうで、

正統派

王子様的なピアニストでした。







売り出し中ということもあり、

アンコールでもた〜〜〜ぷりショパンを弾いてくれました。

ショパンにはまっているキュウリンは大満足だったようです。



キュウリンの隣の席に数学の先生が2人でいらしていたので、

この前のマスオリンピックの引率のお礼を言う。

もちろん、英語で・・・




そして、もう1件


数日後、だいぶ前から予約していた

エリッククラプトン

のロンドン公演に行ってきました。

morty、大学時代、大阪ドームのコンサートで

コンサートグッズを売るバイトをしたことがあるんですがね〜



とってもイケメンでギター弾く姿がシブかっこいい★★

って感じの思い出があったのですが、

すっかりおじさんになっていて、ショックは否めませんでしたね〜(笑)

しかも、観客もバリバリ高齢化(爆)





ロイアルアルバートホールの最上階だったので、

スタンディングのないロックコンサート

まじ?!

おしりがムズムズする〜〜〜

不完全燃焼〜イエ〜イ〜

ギターは当然なのですが、キーボードがとてもいい感じでした。

おじさんパワー炸裂で、これは堪能できました。







ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* uk観劇&観戦&コンサート * 22:13 * comments(0) * trackbacks(0)
We Have 長男!!
JUGEMテーマ:学問・学校



5月26日、長男の通う公立中学校で、

Talent Competition

なるものが行われました。



前回のクリスマスコンサートは

ちょっと…な仕上がりだったせいか?

今回は一応オーディションもあり、

当日は

The Grand Final~

なんていうチラシが配られていました。



今回はSinging,Dancing,Drama and much more!!!

と言うことで、出し物もクリスマスコンサートより、かなりPOPな感じでした。







司会のお二人



全12組ぐらいの出し物。

完成度が低いところがロンドンっ子ですが、

歌あり、ダンスありでどの出し物も面白かったです。





長男のプチオケ仲間のベッキーちゃん

彼女は途中で止まってしまい、後でお母さんに抱きつき号泣していました。




家の子も号泣に値する間違いを犯したのですが…





後ほど長男「あれ?ぼく、間違えた?」だって…

お〜い!






そして、今回は入場料も取り、

審査委員にはバラのMayorをお呼びしていたそう。

この雰囲気、

緊張するでしょう〜

長男は足が震えたと言っていました。



とても上手なSingerが2人ほどいたし、

長男の演奏はぐたぐただったので、

残念だね〜と言っていたのですが…


表彰式で、

「We Have 長男!」

と名前を呼ばれ

3位に入賞しました〜





入賞のインタビューをしてくれたのですが、

Mayorもまさか入賞の長男がカタコト英語とは思わなかったでしょうね〜(笑)

Mayorが「ブラブラブラ〜」と話して、長男「ボソ」みたいな。

見ているこちらも緊張するインタビューでした!


長男、

「eleven」

「four」

と答えてました。

さて、なんの数字でしょう?!



長男、とても良い経験となりました。


そして、2位は歌

1位は彼女たち3人組





Hip Hop!

パンクでロックなロンドンなうです。









ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* uk学校事情 * 09:16 * comments(0) * trackbacks(1)
テースティング練習&女子会
JUGEMテーマ:グルメ




ワインの中級講座がスタート!

次回中級ではテースティングのテストもあるそうです。

ということで、ワイン仲間でテースティング練習会をわが家で開きました。







テースティンググラス持参で結構真面目に飲み比べをしました。

あ〜約1名グラスを忘れてきたヤツが!!




ワインについては後ほど…

先ずは女子会を始める前に






お土産です。

笑える〜

3人で飲んでから、いざスタート!





今回は持ち寄りにしてもらったのですが、

キッシュと韓国焼き肉!

どちらも美味しかったです〜





アムステルダムでゲットしたボード

なかなか良い感じ〜(お友達撮影)

そして、ディセールは

熱々のアップルプディングにバニラアイス寄せ!






これがめちゃ美味しかったのなんのって!!!

3時スタートで、この時11時20分(笑)



結局3人で5本開けてしまいましたね〜

「ノ・ミカタ」が効いて、次の日もシャッキリ!

そして、今日はテイスティングしたワインです。







テースティングのワインは持ち寄りだったのですが、

1番ピュウイ・フュメ(ソービニヨンブラン)

2番カリフォルニア(シャルドネ)

3番ニュージーランド(ソービニヨンブラン)

4番サンテミリヨン(メルロー・カベルネソービニヨン)

5番イラリア・サルディーニャ

6番マルゴー(メルロー・カベルネソービニヨン)


ということで、

ニューワールド・オールドワールドの比較が出来たり、

地域によっての違いがあったり、

とても面白かったです。


ちなみに6番は今日来ることが出来なかったお友達からの差し入れ

ハロッズのワインでした〜

とっても美味しかったです、お気遣いありがとうございました。

次回はご一緒に〜!



ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ukダイアリー * 19:35 * comments(0) * trackbacks(0)
一時帰国
JUGEMテーマ:日記・一般




昨日まで一週間、再度日本に一時帰国していましたよ。

今回はJALが一番安かったので、成田経由で実家へ帰ったのですが、

成田が真っ暗でびっくりしました。

節電なんですね。

ロンドンは常時節電しているみたいな暗さなので、

暗いビルや暗い駐車場、暗い夜道にはすっかり慣れっこになりましたが、

日本でそれを見ると「暗い」って思ってしまいました。


そんな成田を経由して実家最寄りの空港、中空セントレアへ

こちらは綺麗!明るい!

っと思っていたら、2日後に浜岡原発停止の発表が…

義妹のご実家が静岡にあるので、東海地震のことを考えると気になっていたのですが、

止めて正解…でも電撃で発表することなんでしょうかね。

突然の発表で、両親の不安感を考えると、段階をおって欲しいと思いました。




この一週間は父の入院する病院へ…

2度目なので、勝手知ったる病室のソファーで横になって過ごしていました。

もはやどちらが病人か分からない。



日本に帰っての楽しみは食事なんですが、

只今増量中なので、お昼は食欲のない父の病院食を横取りし、

根菜と葉野菜、豆類で腸内洗浄

これぞ日本食

夜は美味しいお肉を買って帰り、母と夕食

普段は母が一人で看病しているので、母にもスタミナ注入

飲めない母を前に、一升瓶を開けて帰ってきました!


ガッツポ〜ズ




外食は、丁度鮎の解禁日で、

鮎を食べに行きました。(食べたのは冷凍でしょうが。)

それから、飛騨牛のお店が美味しかったです。

ご馳走様でした。

母の学生時代の友人と一緒にランチしたのですが、

彼女は産婦人科医で、今回の放射能についてのお話、

放射線を浴びるとどうなるかなど

いろいろ話を聞くことが出来、有意義な時間でした。





母も友人ももうすぐ70歳。


どちらも現役バリバリの職業婦人で

うちの母は(この年になり!)この春から、

本業以外に新たな職を頼まれ、4年間の任期でスタート。



(終わる頃には何歳になるねん!)



二人とも「私が出ないと駄目な会議があるから、それだけはね。」


などと話しています。


かっこええな〜と無職の私はつぶやく(笑)




そうそう、2度の一時帰国なんですが、

2度とも主人と子供を放置!

食事はチャーハン・おにぎり・ミートソース・豚汁・親子丼・唐揚げ・シチューを作り置き、

後は3人で協力して過ごしてくれました。

主人の帰りが早いというのが、有り難いのですが、

普段のしつけよろしく(mortyの;)

子供も自分のことが自分で出来る年齢になっているようです。





イギリスの場合、14歳以下は自宅で一人で過ごすことは法律で禁止されているそう

なんですがね!



さておき、

留守の間、家が汚くなっているわけでもなく、

洗濯物がたまっているわけでもなく、

寂しかったよと飛びつく子供もおらず、




飛びつく先は、お土産のお菓子と本






週末は学校関係のプリントを読む程度。

日本のように複雑な行事もなく、

あっさり終了の一時帰国でした。


ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ukダイアリー * 08:39 * comments(0) * trackbacks(0)
オランダ最終日はデン・ハーグへ
JUGEMテーマ:旅行




3日目は午前中はキュウリンとショッピングへ

アムス老舗のデパートだとガイドブックに書いていました。





が、が、月曜日は11時からだということ・・・が〜ん

ということで、お土産を探しに町散策





Queen's Birthday Tシャツ買っちゃいました!

オレンジ色の〜





ロンドンとはまた違うビルディングです。

かわいらしいですね〜





結局キュウリンに洋服やらバッグやらをおねだりされ

自分のものは・・・デパートのキッチン売場で

木でできたボードを見つけました。

チーズやハム、オードブルなんかを乗せるのにぴったり!

一目ぼれです〜


慌ててホテルに戻り、チェックアウト

デン・ハーグへ電車で行くことに・・・





デンハーグの町は公的機関が集合しているんだそうです。

とてもモダンな市役所?だったかな?

がありました。





Binnenhof ビネンホフを目指します






これが旧国会議事堂なんだそうです。

小規模なんで教会かと思っちゃいました。





ビネンホフ近くにあるマウリッツ美術館へ

フェルメールのトローニ・青い耳飾りの少女の絵

その他、レンブラント、バン・ダイクなどなど

オランダの絵画は楽しかったですね〜

充実ぶりに大満足でした。


最後は大急ぎで空港へ・・・

でも、慌てすぎて3時間前に到着!

ということで、最後もハイネケンでかんぱ〜い!





チューリップと風車、絵画とビール・・・ってそのまんま?

楽しく速足の2泊3日でした。



にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ヨーロッパ・アフリカ旅行 * 16:58 * comments(0) * trackbacks(0)
キュウリン念願の風車を見にザーンセ・スカンスへ
JUGEMテーマ:旅行


朝一番でアンネ・フランクの家へ



ユダヤ人であるが故、

ここアムステルダムに逃げ、2年余り家族で身を隠し

最後は収監された

フランク一家

昨年英語のリーダーで再びアンネの日記を読み返したところだったので、

その隠れ家についてのイメージも鮮明でした。





部屋にあった家具などは逮捕後全てナチ軍によって持ち運ばれたそうで、

部屋はがらんと予想以上に広かったです。

(日本のうちと比べるからでしょうが)

それでも、残されたデルフト焼き?の青い絵柄のついた便器や

大理石の洗面台から

アンネ一家が裕福な家庭だったことが想像されます。


恐らく郊外の豪邸から、この隠れ家では

その生活は雲泥の差だったのでしょう。





アンネフランクの家は長蛇の列

行かれる方は会館15〜30分前に…



この日オランダやとても寒く、しかも風があったので、

一端ホテルに帰り厚着をして再出発!

電車で15分ぐらいのザーンセ・スカンスへ





ロンドンに来てからキュウリンが「一番行ってみたい!見てみたい!」と言っていたのが

オランダの風車です。





川沿いの家は緑にペイントされていてとても可愛い!





橋を渡っていくと、遠くに何基も風車が見えてきました!!


ここザーン地方の風車は

地域で持ちきれなくなった風車をここに移設し、

保存しているという風車協会に所属しているらしいです。

そして、この村、別名「明治村」とも呼ばれているとか!





とても綺麗でかわいらしい家が並んでいます。

普通の民家だったり、お土産物ショップだったり…





そして、風車の間近へ…


3ユーロで中に入ることが出来ます。

早速入ってみることに…





この風車は搾油用風車なんだそうです。

もともと1676年に建造された「デ・スッカー」という風車だそうです。





おじさんがデモンストレーションで当時の様子を再現してくれています。

ピーナッツを臼で潰し、煎り、袋に入れて油を押し出すシステムです。

キュウリンはこのシステムにうっとり〜

30分ぐらいフリーズしていました。


2階に上ることも出来ます!

う〜強風!!

流石風車を動かすだけあり、強い風が吹いています。





とても綺麗な景色でした。



30分ぐらい風車内部構造を飽きずに見ていたキュウリンですが、

後ほど彼女のブログを読むと…

ダ「???」

ダ「キュウリン、この風車の役目分かってないんじゃない?」

m「まさか〜パンフ読んでたよ。」

ダ「でも、ピーナッツを砕いて、家畜のエサにするって書いてるよ!」

ダ「ブログはそこで終わってるし…」

m「まさか?!」



「キュウリン、何見とってん!」っていう

オモローなこぼれ話もあり…

また旅の思い出が膨らみました。

ぷぷっ



電車で戻り、トラムに乗って

今度は私のお目当てのゴッホ美術館へ…





たっぷりゴッホを堪能

ゴッホの黄色い家のプライベートルームの絵があるのですが、

それがとても良かったです。

また、療養中に描いたアイリスの絵もとても印象的でした。





夕食はガッツリオランダ料理へ〜






ホワイトアスパラが美味しかったです〜





ワンクリックとリサイクルにご協力ください↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

* ヨーロッパ・アフリカ旅行 * 06:52 * comments(2) * trackbacks(0)
1/106 pages>>
My Sweet Diary

美食・通塾・きれい製作〜
美しき生活を心がけ
日々を楽しく過ごせたら…

お気に召した記事がござい
ましたらぜひ1日1クリック
をお願い申し上げます.
人気記事
categories
links


ブログランキング・にほんブログ村へ
selected entries
archives
recent trackback
recent comment
訪問中
gremz
Visited Countries
profile
qrcode
recommend